前へ
次へ

産休と安心して過ごせるバリアフリーの住まいに注目

産休を取得する際に、安心して働くことができる求人を見つけるための情報収集に力を入れることも重要になり

more

女性にとって役に立つ産休のサービス

妊娠をして出産をするためには多くの負担がかかりますが、そのような時に便利なのが産休のサービスです。制

more

産休や育児休暇に関することについて

日本は長きにわたって妊婦や出産後の女性が働きにくい環境でありました。女性は結婚したら退職し、出産子育

more

産休を取得するにあたって知っておきたいこと

これまで結婚を機に仕事を辞めて家庭に入る女性が多かったですが、今は会社の在り方にも変化があり、女性が働きやすい環境が整っているということもあり、仕事と家庭を両立させている女性が多いと言われています。特に働きやすい環境の中でより整っていると感じるのが産休制度や育休休暇を設けている企業や会社が増えているという点です。妊娠をしても仕事を続けることが可能ですし、出産と育児が落ち着くまで仕事をお休みできる制度が設けられていると、安心して仕事を休むことができるので、働く女性にとって嬉しい制度と言えるでしょう。これから産休を取得したいと考えている女性は、産休について事前に知っておきたいことがいろいろあると思うので調べておくとスムーズに取得することができます。まず、産休には、産前休暇と産後休暇の2つがあります。産前休暇は、出産の予定日の6週間前からお休みを取得することが可能です。そして産後休暇は、原則として出産した次の日から8週間、働くことを禁止されているので仕事をお休みすることができます。本人が職場復帰を希望する場合は、お医者さんと相談し、認められると働き始めることができます。ただ、突然産休を申し出ると職場側にとってはその人が携わっている業務の調整などをスムーズに行うことができないため、妊娠がわかった時点で出産後も仕事を続けるという旨を含め、早めに伝えることが最も大切です。そして、産休休暇の取得申請に関しては、出産予定日を基準にして会社側に申請するのが一般的です。提出する書類に関しては、会社側で用意している場合はその手続きに応じて提出しましょう。ちなみに、この産休制度は正社員しか取得できない制度ではないということを覚えておくとよいでしょう。パートや派遣社員、アルバイトといった非正規雇用者でも、労働基準法により産休制度の取得は認められています。そのため、子どもが欲しいという希望によってわざわざ正社員にならなければいけないということはありません。働き方を変えなくても産休制度を利用することができるので、今自分が働いている職場に確認してみるとよいでしょう。

柔道整復師の資格取得の勉強ができる東洋医療専門学校
国家試験対策が充実しているので、大阪での合格者数№1!

今話題のピラティスを札幌の皆様にお届けしています
芸能人にも大人気!興味のある方はぜひ体験にお越しください

痛みの正体を見抜く練馬の整体院
とんとんは患者様を根本から治療していきます

お子様が欲しいと願うご夫婦のための相談所
自然妊娠ができるようにまずはカウンセリングから始めるミラクル・エンジェルスです

Page Top